探偵の調査の役目とその種類について解説しています。

探偵の浮気調査は誕生日が勝負時!

探偵の役目

探偵といえば、映画やドラマでもたびたび登場してきますが、実際には殺人事件などの難事件を解決するということはなかく、現実的には浮気などの素行調査や人探しなどの調査依頼を請け負っている職業です。
法律でも認められているもので、探偵業を営むには届出をしないといけないです。探偵はほとんどが探偵事務所や興信所に所属している場合がほとんどです。
探偵の役目は調査でその調査としては「浮気調査」「素行調査」「家出調査」「行方不明調査」「人探し」「所在調査」「身上調査」「ストーカー対策」などです。
探偵社には依頼不可と判断されるケースもあって、「盗聴器などにともなう違反行為」「警察が扱うべき事件性のあるもの」「探偵社の社内事情に反する依頼」「依頼者が隠し事をして探偵社に依頼する場合」「宗教や暴力団」が関与している場合」「ターゲットが20歳未満」「依頼者と対象者らとの関係に面識のない場合」などがあります。
探偵業としての問題点もたくさん指摘されていることもあります。それは「依頼者の秘密は守る反面調査対象者の秘密はまったく守られない」ということや、誘拐事件を起こした犯人が被害者の行動を調査するのに探偵業を使っていたということがあるからです。
さらに問題点はその探偵業者がいっさい罪に問われないことなど。依頼さえしてもらえれば依頼者の目的を深く追求しないということや、対象者のプライバシーなどを悪用されてしまう危険性があるということです。


ホーム サイトマップ